Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2009年9月1日(火)「しんぶん赤旗」

財源論 国民に説明を

NHK討論 市田氏、民主党に提起


 日本共産党の市田忠義書記局長は31日放送のNHK討論スペシャル番組「“政権選択”に政治はどう応えるか」に出演し、総選挙後の課題などをめぐり各党代表と議論しました。このなかで市田氏は、新政権の中心を担う民主党に対し、財源論について「国民の疑問にきちんと答えていく責任がある」と提起しました。

 市田氏は、「財源について大切だと思うこと」として(1)目的を失った大型公共事業、条約上も義務付けのない在日米軍への「思いやり」予算など年間5兆円の軍事費のムダにメスを入れる(2)行き過ぎた大企業・大資産家への減税を10年前の水準に戻す―ことを強調。「アメリカでも富裕層への増税と軍事費削減で財源をつくろうとしている。日本でも“聖域”にメスを入れ、消費税に依存しないで財源をつくれるかどうかがカギだ」と述べました。

 議論のなかで社民党の福島瑞穂党首が無駄遣いをなくすとして、「防衛予算の見直し、『思いやり予算』の削減をやる」「東京近郊では1メートル1億円の道路もある」などの項目を挙げました。

 これに対し市田氏は「1メートル1億円の東京外郭環状道路には民主党も賛成している。軍事費の問題でも『思いやり予算』を削るというのも、私たちは賛成だが民主党はどうなのか。この問題を与党のなかで率直に議論していくことが必要ではないか」と提起。「これは私が言っているだけでなく、民主党の財源には『朝日』の世論調査でも82%の人が不安だと答えている。選挙であれだけの支持を得たのだから、きちんと説明していく責任がある」と求めました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。