Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2009年3月23日(月)「しんぶん赤旗」

水俣病被害者切り捨てやめよ

市田書記局長訴え

熊本・玉名党演説会


写真

(写真)市田忠義書記局長を迎えて熊本県玉名市で開かれた演説会=22日、熊本・玉名市民会館

 「いつあってもおかしくない解散・総選挙。九州・沖縄ブロックで比例二議席の獲得を」―。日本共産党の市田忠義書記局長は二十二日、小選挙区で候補者を立てない熊本2区の玉名市で党演説会に臨みました。熊本2、3区に責任をおう党北部地区では、比例得票目標一万五千票を掲げています。玉名市で市田氏が演説をするのは初めて。会場の市民会館は六市十三町村から「市田さんの話を楽しみにきた」という人たちで埋まり、ユーモアを交えた市田氏の話に笑いやどよめきが絶えませんでした。

 「政治のどこをどう変えればいいのか。そしてその仕事をどの党ができるのか」。こう述べた市田氏は、政党のあり方をめぐって、政治腐敗の根源である企業献金への各党の態度を比較し、深刻な日本経済の落ち込みを立て直すため、異常な大企業いいなり政治の根本をただす必要を強調しました。

 なかでも、内需拡大のために、雇用、社会保障、中小企業、農業という四つの角度から再生の方策を詳しく説明。社会保障に関連して、重要な局面を迎えている水俣病問題についてふれ、住民無視、大企業優遇の自公政治の責任を厳しく批判しました。

 市田氏は、まず企業と国、県の加害責任を厳しく指摘した二〇〇四年の最高裁判決をあげ、「政治は被害者の救済に全力をつくさねばならない」と指摘。ところが、自民・公明が提出した法案は、裁判に訴えた人を「救済の対象者としない」「三年をめどに救済措置の対象者の確定をおわる」などとしています。これに対し、市田氏は「被害者切り捨て、加害企業救済の法案だ」と批判。「日本共産党の躍進で大企業奉仕の自公政治に厳しい審判を下し、水俣病被害者の全面救済に道を開こう」と呼びかけました。

 最後に市田氏は「自公政治が悪すぎる。だから一度は民主へ」と考える人についても言及。自民党の鳩山邦夫総務相が「今の自民党対民主党は、プロ野球でいえば、同じ読売ジャイアンツの紅白戦みたいなものだ」と述べていることを紹介すると、会場からは笑いとともに「その通り」との声。「政治の中身を変えないまま、表紙だけ変えても日本の明日は開けない」と訴えると拍手に沸きました。

 赤嶺政賢、田村貴昭、山本伸裕の各衆院九州・沖縄比例候補があいさつ。赤嶺氏は「苦しみの根源の解決のためにがんばれる政党は日本共産党だけ。九州・沖縄から複数議席を獲得するために全力をつくす」と決意を述べました。

 植木町から来たという女性(59)は「思いやり予算で米兵一人あたり額は、私たちの生活では考えられないことだ。どうにかしてほしいです」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。