Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2009年1月26日(月)「しんぶん赤旗」

自民型政治への審判

市田書記局長が談話

 日本共産党の市田忠義書記局長は二十五日、山形知事選の結果について、次の談話を発表しました。

 吉村美栄子氏の勝利は、国言いなりで県民のくらしを切り捨てた自民党型県政への審判であるとともに、国の自公の悪政への山形県民のきびしい批判を示すものとして積極的意義を持つ。日本共産党は、ひきつづき国民の苦難軽減という立党の原点にたって、草の根から国民の雇用とくらしを守る活動を強め、新しい政治実現の力を大きくするために全力をあげるものである。


山形知事に吉村氏当選

共産党など支援 現職を破る

写真

(写真)吉村美栄子氏

 二十五日投・開票の山形県知事選で、「県民に冷たい政治からあったかい県政の実現」を掲げた、行政書士の吉村美栄子氏(57)=無・新=が現職で二期目をめざした斎藤弘氏(51)=無=を破り、初当選を果たしました。

 吉村氏は、日本共産党、民主党、社民党をはじめ自民党の参院議員と県議の一部の支援をうけました。

 斎藤知事が就任以来、小泉流「改革」を県政に持ち込み、県民の運動で実現した、乳幼児医療費助成、少人数学級などについて「見直し」「削減」「廃止」を次々打ち出したことに対し、県民がノーの審判を下しました。

 吉村氏は、知事退職金、二人副知事制などの財政の無駄遣いをなくし、県民の声に耳を傾ける県政の民主的運営と、景気・雇用対策、農業の再生、子育て支援、少人数学級の中学三年まで拡大、医療・福祉の充実など県民の切実な要求を掲げ多くの県民の共感を得ました。後期高齢者医療制度や労働者派遣法の抜本的見直し、消費税の食料品非課税など、国に対しはっきりものを言うなど、斎藤知事との違いも鮮明になりました。

 日本共産党は、吉村美栄子氏との政策合意に基づき、二回の「新やまがた」号外で県政政策を発表し、論戦をリード、吉村知事誕生に大きく貢献しました。

 斎藤氏が、自民党の三人の衆院議員を中心に自民党丸抱えの選挙だったのに対し、吉村氏は日本共産党や「県民のための明るい県政をつくる会」の加盟団体、労働者、商工業界、農業関係者、医療・福祉団体など幅広い層から支援を受けました。

 開票結果は次の通りです。(開票率99%)

当 吉村美栄子 57 無新 三二〇三二三

   斎藤  弘 51 無現 三〇九六一二

(投票率65・51%)


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。