Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年11月3日(月)「しんぶん赤旗」

共産党の躍進で増税勢力に審判を

市田書記局長駆ける

大阪3カ所


写真

(写真)市田書記局長の訴えに聞き入る人たち=2日、大阪・阪急十三駅前

 日本共産党の市田忠義書記局長は二日、大阪の十三ロータリー(大阪市)、京橋駅前(同市)、岸和田駅前(岸和田市)の三カ所を駆け巡り、総選挙での日本共産党の躍進を訴えました。

 十三では、「ワーキングプアをなくす政治を」のプラカードを掲げた人たちなどで熱気に包まれ、クラクションで“応援”を示す乗用車も。京橋駅や岸和田駅前では、黒山の人だかりができ、足を止めて聞き入る青年たちの姿もありました。

 市田氏は冒頭、麻生内閣が発表した追加経済対策に触れ、その中身が、あいかわらずの大企業・大資産家応援策ばかりだと強調。「これでは、景気悪化から国民の暮らしを守ることはできない」と批判しました。

 このなかで麻生太郎首相が三年後の消費税増税を“公約”する一方で、二日のテレビ討論では日本共産党以外のどの党も増税ノーとはっきり言わなかったことを指摘。「選挙の争点は、はっきりしてきた。福祉破壊の消費税にノーの旗を掲げる唯一の党――日本共産党の躍進で増税勢力に審判を」と訴え、聴衆から「そうだ」の声があがりました。

写真

(写真)訴える市田書記局長=2日、大阪市・京橋駅前

 そのうえで市田氏は、極端な大企業中心主義とアメリカいいなり政治にメスを入れるという「政治の中身の変革」を訴える党の値打ちを力説。民主党には、この自民党政治の根本問題をただすことができないと指摘し、「政治の中身を変える民主的政権をつくる、今度の選挙をその大きな一歩に」と呼びかけ、聴衆から大きな拍手がわきおこりました。

 演説会に向けた取り組みでは、偽装請負の是正を申し入れた住友電工の派遣労働者から「今度は共産党にみんなで入れようと話し合っているんです。もっとやってください」と電話が寄せられるなど党への期待が広がっていました。

 十三と岸和田で宮本たけし衆院近畿比例予定候補は「消費税増税でなく、家計を温める改革に全力をあげます」と強調。京橋では吉井英勝衆院議員(比例予定候補)が「金融危機の対応でもアメリカいいなり、大企業第一では国民の暮らしは守れません。おおもとから中身を変えてこそ国民を守れます」と訴えました。各所で、ひめの浄・大阪5区、長谷川良雄・同4区、やの博之・同6区、大塚やすき・同18区、わけ豊・同19区の各小選挙区予定候補が訴えました。

写真

(写真)宮本予定候補(右)らとともに=2日、大阪府岸和田市

 淀川区の女性(21)=作業療法士=は「非正規雇用の問題は共産党しかやれない。議席を増やしてほしい」と話していました。

 偶然通りかかり、市田氏の演説を「そやそや」とうなずきながら聞いていた姉妹(五十九歳と五十六歳)は、「共産党は私たちがそうだと思ってることを言ってる。私ら共産党員でもなんでもないけど、政権とったらどう変わるか国民に見てもらいたいと思います」(姉)、「自民党政治で日本は悪くなるばかり。国民本位の政治を望んでいます。がんばって」(妹)と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。