Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年4月2日(水)「しんぶん赤旗」

後期高齢者医療制度に怒り

人の尊厳踏みにじる

埼玉・大宮駅東口 市田書記局長


写真

(写真)街頭演説で訴える市田書記局長(右)と塩川衆院議員(左)=1日、さいたま市・JR大宮駅前

 一日、さいたま市のJR大宮駅東口では日本共産党の市田忠義書記局長が、塩川鉄也衆院議員と街頭演説に立ちました。後期高齢者医療制度の中止・廃止を求める宣伝が行われ、寒風のなか会社員や買い物帰りの女性などが次々とビラを受け取り署名に応じました。

 市田氏は「戦後の日本を支えてきたお年寄りが七十五歳になったら『長い間お疲れさまでした。今日から医療は無料にします』というのが本当の政治のあり方だ。医療費を減らすため高齢者を差別する、これほど人間の尊厳を踏みにじるひどい制度はない」と批判。「政治的立場の違いや世代の違いを超えてこんな制度をやめさせようと怒りの声が全国で広がっている。みなさんとご一緒に中止、廃止へ追い込みましょう」と訴えました。

 さいたま市見沼区の男性(77)は「五年前に脳こうそくで倒れ薬を四種類飲んでいるが、こんな制度はたまったもんじゃない。頑張ってください」と署名していました。

 さいたま市大宮区の男性(81)は「戦争で苦労し、戦後は一生懸命働いてきた高齢者に対し、金がなければ死ねというようなもの。自公政権を退陣させて政治を変えなくては」と決意を新たにしていました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。