Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年3月17日(月)「しんぶん赤旗」

農業再生託せる党

三重・津 市田書記局長ら訴え


写真

(写真)日本共産党への支援を訴える市田書記局長=16日、三重県津市の県総合文化センター

 日本共産党三重県委員会は十六日、津市内の県総合文化センターで、市田忠義書記局長を迎えて演説会を開きました。千六百人の聴衆がバス二十五台などで各地から参加。衆院東海比例候補の佐々木憲昭衆院議員、せこゆき子元衆院議員、中野たけし(三重2区重複)の各氏が「東海ブロックで日本共産党議席を二議席以上獲得しよう」と訴えました。

 市田書記局長は、二週間ぶりに再開した国会について発言。強行採決した自民・公明と、審議拒否の民主を批判し、「日本共産党は『国会は審議する場所だ』という道理にたって事態打開のために奮闘してきた。これからも、国会が国民の期待に応える場になるよう、正論をもって奮闘する」とのべました。

 続いて市田氏は、日本の三つの異常―(1)貧困と格差の広がり(2)アメリカいいなり(3)侵略戦争への無反省―を告発。人間らしい働くルールをつくり、大企業・大資産家へのゆきすぎた減税をやめ、軍事費などのムダにメスを入れ、消費税に頼らず医療や福祉を充実させる、日本共産党の考えを説明しました。

 市田氏は、日本共産党の「農業再生プラン」を紹介。価格保障と所得補償の支援、多様な経営応援、食料主権確立などを説明し、「綱領の中で農業を国の基幹的な生産部門に位置付け、食料自給率の向上を柱に据え、その実現に全力をつくすことを明記している唯一の党です」と訴えました。

 最後に市田氏は、民主党について「自衛隊の海外派兵や憲法、消費税など国の基本路線では同質、同類の党。大連立劇はそのことをわかりやすく示した」とのべ、国民の立場で打開策を示す日本共産党の躍進を呼びかけました。

 参加した中勢地域の元町議会議長は「農業や後期高齢者医療など、国全体のことがよくわかるいい話でした。他党の演説会ではこんな大きな話は聞けない」と語っていました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。