Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年2月13日(水)「しんぶん赤旗」

農業発展の展望語る

岩手 市田書記局長が訴え


 日本共産党岩手県委員会は十一日、市田忠義書記局長を迎えて盛岡市で演説会を開きました。会場の岩手県民会館には、二十五台のバスで参加するなど、県内から千八百人が集まりました。

 市田氏は「今の自民党政治のどこが問題か、日本共産党はそれをどう変えていこうと考えているのか話したい」として、雇用や税制、農業や平和、安保、外交をテーマに自民党政治の「三つの異常」を告発し、打開の展望を語りました。

 農業については、輸入も価格も流通も市場任せの「亡国の農政だ」とし、農業を守り発展させる展望と食料主権の確立を強調。映画「母べえ」をみた感想にもふれながら、侵略戦争に反対した日本共産党のたたかいの意義を明らかにしました。

 高橋ちづ子衆院議員は、後期高齢者医療制度についての国会質問に大きな反響が寄せられたことを紹介。初めて老人医療費を無料化した旧沢内村(現西和賀町)を「今こそもっと学ぶべきだ。国の攻撃への回答がここにある」と訴えました。

 せがわ貞清党県書記長・衆院東北比例候補は、医師、看護師不足の解消に全力を尽くす決意を語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。