Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年6月19日(火)「しんぶん赤旗」

世直しご一緒に

岡山演説会で市田書記局長

党議席の値打ち語り


 日本共産党岡山県委員会は十八日、市田忠義書記局長を迎えた党演説会を岡山市の岡山武道館で開き、会場いっぱいの二千人が参加しました。

 党県・地区委員会は演説会に向け一カ月前から連日、宣伝カーやハンドマイクで参加を呼びかけました。「年金問題で怒っている。ぜひ共産党の話を聞いてみたい」など党事務所に問い合わせが相次いでいました。

 市田氏は年金、雇用、社会保障などの暮らしの問題、憲法の問題などについて丁寧に解説。場内からは「そうだ!」と共感の声と大きな拍手が何度も上がりました。

 政府が参院選後に消費税増税を狙っていることについて市田氏は、消費税は一九八九年の導入のときも、九七年の増税のときも国民の審判を受けていないと指摘。「自民・公明政権にも、民主党にも『白紙委任状』を与えてはいけない。日本共産党の躍進で『消費税増税ノー』の審判をごいっしょに下そうではないか」と呼びかけました。

 最後に市田氏は、「住民本位の政治への願いは党派を超えて広がっています。日本共産党の議席の値打ちを語って、持てる力最大限に発揮して世直しを」と訴えました。

 岡山出身の春名なおあき参院比例予定候補は「憲法九条を守る、戦争反対の意思を日本共産党に寄せてほしい」と訴え。植本かんじ選挙区予定候補は「国民の命と暮らしを守るために全力を尽くす」と決意を述べました。

 参加した女性(22)は「年金やネットカフェ難民のことなど、国民の立場にたって考えてくれるのが日本共産党しかないと初めて知りました。今度の選挙で躍進して、私たちが住みやすい国にしてほしい」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。