Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2007年6月4日(月)「しんぶん赤旗」

「安倍暴走」くい止める力

共産党躍進の大波を

兵庫 豊岡・姫路で市田書記局長


写真

(写真)市田書記局長を迎えて開かれた日本共産党但馬大演説会=3日、兵庫県豊岡市

 日本共産党の市田忠義書記局長は三日、兵庫県北部の豊岡市と西部の姫路市で開かれた演説会をかけめぐり「日本共産党躍進の大波をこの兵庫から起こそうではありませんか」と訴えました。豊岡市では七百五十人、姫路市では八百五十人が参加しました。

 市田氏は、まず、山下よしき氏はじめ比例五候補の絶対確保と安武洋子さん、大沢たつみさんと続いた兵庫選挙区の議席を堀内照文さんで再び勝ちとらせてほしいとよびかけました。

 「消えた年金」問題で市田氏は放置してきた政府と歴代厚労相の責任はきわめて重いと指摘。国の責任で特別の体制をとって解決することを提起しました。

 参院選では、自公政治がつくり出した貧困と格差などくらしの問題、アメリカと一緒に戦争するための改憲の問題が問われると強調。安倍政権の中心に男女平等までも否定する「靖国」派がすわり、この「靖国」派と組んだ公明党は定率減税廃止をいち早く主張し、政教一体で自民党の暴走にアクセルを踏んでいるとその実態を解明しました。

 民主党も貧困と格差の大本をつくった派遣労働の自由化などに賛成し、財界から献金を受け、党内に「靖国」派がいることを指摘。安倍政権の暴走を止める力はないとのべました。

 日本共産党が火をつけた事務所費問題、緑資源機構の疑惑、サービス残業や偽装請負、サラ金の高金利を是正させたことを指摘。草の根の力と結んで国政を動かす党の値打ちを語りました。

 参院で日本共産党の議席が一つ増え十になれば本会議での質問回数が増え党首討論ができること、二つ増えると議案提案権が復活することを示し「共産党が伸びるかどうかで日本の未来の方向が左右されます。どんなことがあっても勝ち抜かせてください」と訴えました。市田氏の訴えに「ほー」と共感し、参加者は大きくうなずきながら、拍手を送っていました。

 堀内照文参院兵庫選挙区候補は「定数二を、自民、民主に独占させない。国民の声をまっすぐ届ける日本共産党と堀内に支援を」と力説。山下よしき参院比例代表候補は但馬地方での公立病院つぶしをくい止めたたたかいにふれ「草の根の力と連帯し、国政を動かす共産党を大きく」と呼びかけました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。