Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年12月15日(金)「しんぶん赤旗」

やり方・内容 言語道断

教育基本法改悪案強行で 市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は十四日、教育基本法改悪法案の強行採決について国会内で記者団に問われ、「やり方も内容も許されず、言語道断だ」と厳しく批判しました。

 市田氏は、「審議のやり方については、国民の声をきくといいながら、タウンミーティングでは『やらせ』問題があり、いじめ自殺問題でも文部科学省はゼロ報告をして平気な顔をしていた。法案提出者としての資格が問われる」と批判。「法案の内容面では、愛国心の強制や教育にたいする国家権力の無制限の介入など、憲法に背反する重大な内容を含んでいる」と批判しました。さらに「いじめ自殺や必修科目の未履修問題など、教育をめぐって国民が解決を望んでいるさまざまな問題が、教育基本法をかえれば解決するのかといえば、全然解決にならない」と指摘しました。

 その上で、「きょうの採決は理事会で合意されてもいないし、与党は、質疑の打ち切り動議を出し、文字通りの強行採決をおこなった。どの面からみても許されない。あらゆる可能性を追求して、廃案に追い込みたい」とのべました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。