Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年12月14日(木)「しんぶん赤旗」

廃案に追い込もう

緊急集会に4500人

市田氏あいさつ


 雨上がりの東京・日比谷野外音楽堂に蛍光ブレスレットが揺れ、「教育基本法改悪法案の強行採決許さない」との掛け声と割れるような拍手があがりました。十三日夜、中央集会が開かれ、緊急の呼びかけに四千五百人がつめかけました。

 「ネット署名も広げてきました。国民の意思を多数で踏みにじっていいの。できることはなんでもやります」と相模原市の福島英子さん(52)。

 「学徒動員最後の体験者です。私たちの時代を繰り返させない」と埼玉県の退職教員、大塚精子さん(75)は語ります。

 全労連の坂内三夫議長は、四月の法案提出以来、会期末ぎりぎりまで攻防が続いているのは全国で広がった運動の成果だと強調。廃案に追い込もうとよびかけました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、文科省の新たな「やらせ」が発覚したことにふれ、徹底解明を要求。最後まで全力を尽くそうと訴えました。

 教育基本法「改正」情報センターの世取山洋介・新潟大学助教授が連帯あいさつし、各団体の代表が決意を表明。教育基本法改悪を許さない各界連絡会の東森英男事務局長が行動提起しました。

 集会は、同各界連、教育基本法全国ネットワーク、国民大運動実行委員会が主催。集会後、国会前で「強行採決するな」と唱和しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。