Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年11月17日(金)「しんぶん赤旗」

4野党共同街頭で訴え


写真

(写真)街頭から訴える(左から)国民新党・亀井久興幹事長、共産党・穀田恵二国対委員長、市田忠義書記局長、社民党・重野安正国対委員長、民主党・鳩山由紀夫幹事長=16日、東京・千代田区有楽町

 野党四党の書記局長・幹事長・国対委員長は十六日、東京・有楽町マリオン前で教育基本法改悪法案の衆院通過に抗議する共同の街頭演説を行いました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は「審議を一方的に打ち切り国民の声を無視したのは自民、公明の与党だということをよく覚えておいていただきたい」と呼びかけ、法案提出者の資格が問われるタウンミーティングでのやらせ質問問題で政府・与党が真相も責任の所在も明らかにせず強行したことを批判。「成立を阻止するため野党がスクラムを組んで頑張りぬく」と表明しました。

 「野党は一度も審議拒否せず徹底審議を求めた」(国民新党・亀井久興幹事長)、「六十年先を見通す法案をわずか百七時間の審議で終了していいのか」(社民・重野安正国対委員長)、「政府はあとを断たないいじめの現実をどう考えているのか」(民主・鳩山由紀夫幹事長)と各党が与党の暴挙を糾弾しました。

 大分県から上京した中学教諭の男性(35)は「教育基本法を変えていろいろな問題が解決するとは思わない。やっと国民みんなが教育に関心を持ち始めた矢先に議論を打ち切ってしまうやり方は問題だ」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。