Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2006年8月15日(火)「しんぶん赤旗」

侵略戦争への真摯な反省に立って

アジアの平和と安定に貢献する日本に

戦後61周年の終戦記念日にあたって

日本共産党書記局長 市田 忠義


写真

 一、戦後六十一周年の終戦記念日にあたって、日本共産党は、日本軍国主義が推し進めた侵略戦争と植民地支配の犠牲となった内外の人びとにたいして、心から哀悼の意を表します。

 一、いま、わが国の外交、とりわけ対アジア外交がかつてなくゆきづまっています。その根本原因は、小泉首相が首相就任以来、毎年、靖国神社参拝を強行し、依然として過去の侵略戦争を正当化する立場をあらためようとしていないことにあります。日本国内やアジア諸国はもちろん、世界じゅうから厳しい批判を浴びているにもかかわらず、「日本の戦争は正しかった」とする戦争観を宣伝することを最大の使命とする靖国神社の参拝に固執したままでは、日本はアジアと世界から孤立するばかりです。今日、日本外交にもとめられているのは、過去の侵略戦争と植民地支配の過ちを真摯(しんし)に反省し、靖国参拝への固執という誤った態度をあらためることです。

 一、憲法九条を改定して、わが国を、アメリカの先制攻撃戦略に追随して「海外で戦争をする国」につくりかえる策動が強められていることも重大です。侵略戦争の教訓と反省の上につくられた憲法をまもりぬき、憲法九条を生かし、国連の平和のルールにのっとって世界とアジアの平和・友好に寄与することが強くもとめられています。

 一、日本共産党は、戦前から「侵略戦争反対」「反戦・平和」を貫いてきた党として、侵略戦争と植民地支配を正当化するあらゆるくわだてに断固として反対します。憲法改定に反対し、憲法の平和・民主・人権の原則をまもりぬきます。アジアと世界で、国連の平和のルールを根づかせるために全力をつくします。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。