Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など
2006年1月17日(火)「しんぶん赤旗」

アメリカ共産党代表と市田書記局長が懇談


 市田書記局長は十六日夕、党本部で日本共産党第二十四回党大会に参加したアメリカ共産党のリベロ・デラ・ピアナ組織担当書記・全国委員会委員と懇談しました。

 懇談で市田氏は、ピアナ氏が大会最終日に「赤旗」日刊紙の早朝配達や支部会議に参加したのに加え、この日午前に組織関係の幹部と懇談したことをねぎらいました。ピアナ氏は、「日本共産党の組織のあり方や高い規律に感動した」とのべ、日本共産党大会に参加したことは大変有益だったと表明しました。

 ピアナ氏は、日本共産党の野党外交に大きな関心を持ったとのべ、「いかに構想され、将来どう発展していくのか」と質問。市田氏は、日本共産党の野党外交の基本点とともに、この外交が受け入れられている背景として、侵略戦争に一貫して反対してきた日本共産党への信頼、自主独立の立場への共感、また、国連憲章にもとづく平和秩序という世界の公理をもとにしていることなどを説明しました。

 市田氏が日米軍事同盟強化のもとで、安保賛成の市長もこれ以上の基地機能強化に反対しているとのべたのにたいし、ピアナ氏は、米軍基地は日本国民だけでなく、資金や人的資源を浪費させ、米国の国民にも被害を与えていると指摘しました。両氏は米国内での反戦運動についても意見交換しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。