Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

小泉首相の靖国参拝にたいする違憲判決について

2005年9月30日 日本共産党書記局長 市田忠義


 大阪高裁は、本日、小泉首相の靖国神社参拝を「違憲」と認める判決をした。高裁が小泉首相の靖国参拝をはじめて「違憲」と判断したことは画期的である。判決は違憲判断の根拠として、同首相の靖国参拝が「公約の実行としてなされた」ことを重視し、「国内外の強い批判にもかかわらず実行し、継続しているように、参拝実施の意図は強固だった」と断定している。

 日本共産党は、かつての侵略戦争を「正義の戦争」と賛美し、国民に宣伝することをもっぱらの使命とする同神社に参拝することは許されないと主張してきた。その靖国神社にみずからの政治公約とし、くりかえし参拝してきたことは、わが国の首相として絶対に許されないものである。

 日本共産党は、小泉首相にたいして、靖国参拝を断念することを重ねて強くもとめる。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。