Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2005年8月6日(土)「しんぶん赤旗」

郵政民営化法案 否決・廃案に全力尽くす

共産党市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は五日、国会内で記者団の質問に答え、次のようにのべました。

 ――郵政民営化法案が可決されたが。

 委員会では可決されましたが、まだ来週八日の本会議があります。否決・廃案に向けて最後まで全力を尽くしたいと思っています。

 衆院と参院の審議を通じ、郵政民営化は“百害あって一利なし”ということが非常に明らかになりました。全国どこでも公平に郵便、郵便貯金、簡易保険のサービスを提供してきた郵便局のネットワークはずたずたになります。国民の虎の子の貯金を、日米の銀行業界や生命保険業界に明け渡す。郵便貯金や簡易保険の資金三百四十兆円を餌食にしてしまう。国民が望んでいるのではなくて、そういう人々が望んでいる法案だということが、非常に明らかになりました。

 ――小泉首相は否決されたら、衆院を解散するといっているが。

 提案した法案を成立させなかったら解散だというのは道理がありません。

 ただ、いま起こっている現象は、自民党政治のゆきづまりの一つのあらわれで、国民は自分の一票を投じて審判をくだしたいという思いが強烈だと思います。

 解散されれば、私たちは絶好の機会ととらえて、自民党政治に審判を下すためには、たしかな野党・日本共産党が国会に必要だということ、憲法改悪でも、庶民大増税でも自民、民主の「二大政党」が悪政を競い合うなか、いまこそ、どんな問題でも国民の立場でがんばる、たしかな野党が国会のなかに必要だということを訴えて、正々堂々とたたかいたいと思います。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。