Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2016年3月16日(水)

石綿被害、早く解決して

京都 市田・大河原氏が被害者と懇談


写真

(写真)被害者らと懇談する(左から)大河原、市田の両氏=15日、京都市南区

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は15日、京都市内で、アスベスト(石綿)被害の実態調査を行い、被害者らと懇談しました。大河原としたか参院京都選挙区候補(弁護士)が参加しました。大河原候補は、1月末に国と建材メーカーの責任を認める判決を勝ち取ったアスベスト京都訴訟の弁護団の一人です。

 アスベスト京都訴訟の原告団長で、昨年6月に亡くなった寺前武夫さん(享年80)の次女・晴美さん(50)は「メーカーが危険を知りながらアスベスト建材を売り続けてきたことが許せない。お父ちゃんを返せと言いたい」と訴えました。

 原告の大西利英さん(67)=大工=は「肺がんがわかり、仕事もできなくなった。不安も続く。アスベストについて知識がない労働者も多く、また若い世代が被害にあう。早く解決してほしい」と述べました。

 市田氏は「被害は過去だけの問題ではない。アスベストが使われた建物の解体時期は、これから新たなピークを迎える。被害の全面救済と、被害防止に力を尽くしたい」と話しました。

 全京都建築労働組合の酒井仁巳書記長は、アスベストによる肺がんの「救済漏れ」が多い実態や、石綿救済法の給付が低い問題などを指摘。今後の被害防止策について「国の責任で、まずは作業者の啓もうビデオをつくってほしい」と要望しました。

 大河原候補が京都訴訟判決の意義と、「一人親方」が“労働者”として認められず救済されない課題を指摘しました。

 京都府庁では府の担当者から聞き取りしました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。