Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 調査・懇談など

2015年12月16日(水)

戦争はいやと語り続ける

ものいう女性は頼もしい

金子兜太さんと市田副委員長懇談


写真

(写真)懇談する(右から)金子兜太氏、市田忠義副委員長、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補=15日、埼玉県熊谷市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は15日、俳人の金子兜太(とうた)さんと、埼玉県熊谷市の金子さんの自宅で、戦争法廃止の展望などで懇談しました。

 市田さんは、戦争法廃止の「国民連合政府」を共産党が提案した経過や内容について説明しました。

 金子さんは安保法制(戦争法)の廃止や選挙協力について理解を示しました。そのうえで、戦前、海軍主計中尉として従軍したトラック島で多くの兵士が餓死した体験に触れ「戦争はいやなものだと伝えることだけを考えています」「(満州事変からの)15年戦争の時はちょうど青春期。俳人が治安維持法で捕まった事件があり、あのときの雰囲気をいやと言うほどわかっています。その時と今はよく似ています」と語りました。

 市田さんが「安倍首相の手法は個人の上に国家、憲法の上に自分を置き、個人の尊厳をことごとくないがしろにするものです」と話すと、金子さんは「沖縄(米軍新基地建設)はひどい。完全に人間無視です」。

 市田さんが「国民が自覚的・自発的に戦争法反対に立ち上がったことに、大きな希望を感じます」と語ると、金子さんは大きくうなずき「戦前は静かだった女性がものを言うようになっている。シールズの女性と話しましたが芯がある。女性が変わってきたことは頼もしいことです」と話しました。

 最後に、金子さんは「私はどの政党にも属さないが、仲間だと思って応援している」と述べました。

 懇談には、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補らが同席しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。