Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2014年2月21日(金)

私立高の学費軽減を

京都の「会」 市田氏らに要請


写真

(写真)私学助成の署名を託される市田忠義副委員長(左から5人目)、倉林明子参院議員(その右)=20日、参院議員会館

 京都私学助成をすすめる会は20日、国会内で私立高校生の学費負担軽減と私学助成の拡充を各党の議員に要請しました。日本共産党では市田忠義副委員長、井上哲士、倉林明子の両参院議員が応対し、懇談しました。

 私立高校教員の三宅進一さんは、「他府県から通学している生徒は、同じ学校に通いながら、京都府内に住む生徒と同じ支援を受けられない状況にあります。子どもたちが安心して学べる環境を国の責任でつくってほしい」と述べました。

 市田氏は、「みなさん方の要請内容に全面的に賛成です。教育を受ける権利を国が保障するのは当たり前のこと。公立学校でも私立学校でもお金の心配なく学べる環境をつくることが政治の責任。一緒にがんばりましょう」と応じました。

 同会は▽私立高校生への就学支援金制度の拡充▽私立学校への経常費助成の増額▽教育予算の増額―を求める21万人分の署名を各党議員に提出しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。