Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年6月4日(金)「しんぶん赤旗」

宇都宮会長ら日弁連役員

党国会議員団と懇談

給費制守ろう


写真

(写真)要請を受け懇談する日本弁護士政治連盟、日本弁護士連合会(右)と党国会議員団。あいさつする市田忠義書記局長=3日、東京都内

 日本共産党国会議員団は3日、東京都内で日本弁護士連合会(日弁連)の役員らと懇談し、司法制度改革などで意見を交わしました。党議員団からは市田忠義書記局長ら13人の衆参両院議員が参加しました。主催は日弁連会員有志でつくる政治団体、日本弁護士政治連盟(弁政連)です。

 日弁連側は、政府が司法修習生への給費制度を11月から貸与制に変更しようとしていることや、貧困問題への取り組みなどを説明しました。

 給費制の廃止について、梶谷剛弁政連理事長(元日弁連会長)が「日弁連が反対した際、日本共産党には一番ご理解いただき、『反対だ』と声を上げていただいたことに感謝している」と、あいさつしました。

 宇都宮健児日弁連会長は「家が貧しかった私は、給与が出るということで大学を中退し司法修習生になった。給費制がなければ、私は弁護士になれなかった。経済的に余裕がない者を外す法曹養成、司法制度改革とは何かきびしく問われなければならない」と発言。給費制維持の取り組みへの協力を要請しました。

 市田書記局長は「国民の権利の守り手育成に国が責任を持つのは当然のこと。給費制を維持するため力を尽くしたい」と発言。また世界と比べ低すぎる日本の司法予算の問題を指摘しました。

 1日の参議院法務委員会で、この問題を取り上げた仁比そうへい参院議員(弁護士)は、修習生や若手弁護士の多額の借金や弁護士の就職難の状況を指摘。「法案を審議した2004年当時に予想しなかった状況にあることを千葉景子法相も認めている。立法の根拠がゆらいでいる」とのべました。井上哲士参院議員が、司法制度改革を国会で検証する必要性を指摘するなど、活発な意見交換が行われました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。