Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年5月19日(水)「しんぶん赤旗」

老齢加算復活ともに

生存権裁判原告ら 市田書記局長と懇談


写真

(写真)「老齢加算の復活を」と要請をうける市田忠義書記局長(正面右)=18日、国会内

 「近所づきあいもできず、生きる元気が出ません」―70歳以上の生活保護受給者への老齢加算復活を求め、国会前で座り込みを続けている生存権裁判の原告らは18日、日本共産党の市田忠義書記局長に協力を要請、懇談しました。母子加算は2009年12月に復活されましたが、老齢加算は07年度から廃止されたままです。

 福岡から参加した今村サヱ子さん(81)は、「入場料500円の温泉センターにもいけず、誘われなくなった。一人暮らしでうつになりそうにもなったが裁判のことを知り、『このままでは死ねない』と頑張っている」と話しました。

 また、「風呂の水も4、5回替えずに使う」「冠婚葬祭にいっさい行けない」「生活保護基準が他の福祉制度の基準とつながっているのでそれを守るためにも頑張る」など、参加者それぞれの思いが語られました。

 市田氏は、「お風呂に入りたい、近所づきあいをしたいという当たり前の要求を押さえつける政治はひどい。軍事費は今年162億円も増やしているのに、削ってはいけないところを削っている。憲法どおりの政治を求めるみなさんの側に道理がある。裁判も勝利し、参院選で政治が前に進むように力をあわせましょう」と述べ、参加者一人ひとりと握手しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。