Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年5月17日(月)「しんぶん赤旗」

「得意先7社も廃業・倒産」「10年以上借金を返すだけ。何も残らない」

中小企業の苦境切々

東大阪 ものづくりの街で

市田氏 経営者と懇談


写真

(写真)中小企業の工場を視察し、経営者(右手前)から説明を受ける市田忠義書記局長ら=16日、大阪・東大阪市

写真

(写真)東大阪経済の明日を語る懇談会。中小企業経営者からの切実な要求を聞く市田忠義書記局長=16日、大阪・東大阪市

 日本共産党の市田忠義書記局長は16日、ものづくりの街、大阪府東大阪市内で中小企業経営者23人と懇談し、不況下の経営実態や要望を聞きました。吉井英勝衆院議員も参加。「得意先が7社も廃業・倒産した」「10年以上、借金を返すだけで何も残らない状況だ」という業者の悲痛な声が相次ぎました。

 懇談会は、党市議団と党東大阪地区委員会の共催です。同日の経済シンポに先立って開催。朽原亮府議が司会し、谷藤久地区委員長があいさつしました。

 機械部品の製造業の男性(47)は「リーマン・ショック以降、受注が3割減ったが他はもっとひどい」と指摘。60代男性は、同業者が「子どもに継がせる仕事じゃない」と廃業し、技術の継承が失われつつあると涙ながらに訴えました。

 「無秩序な」大手企業との取引ルール強化を求める声も相次ぎました。機械工業会社の経営者は、再三の単価切りを受け「もっと公正な取引ルールをつくって」と語りました。

 党が4月に発表した中小企業政策の話題も。固定費補助などの緊急・直接支援が「本当に助かる」と実現を求める声が出ました。

 参加者の発言を受け、吉井氏は、ものづくりの基盤集積地の崩れが、日本経済全体の問題に波及すると危ぐし「国や自治体を、中小企業や地域経済を支える方向に変えさせたい」と力を込めました。さらに市田氏は、「困難でも歯を食いしばって、ものづくりと日本経済の土台を支える皆さんの姿に心打たれた。しっかり受け止めて、政策や国会での論戦に生かしていきたい」と話しました。

 懇談会の前には、市田氏と吉井氏らが、市内で精密機械を製作する中小企業を訪問、経営者の男性(65)から製造過程などについて説明を受けました。

 主力部品が2年近く受注ゼロで、売り上げも半減。それでも従業員を一人もリストラせず、人材育成に努めているという現状に、市田氏は「文字通り企業の社会的責任を果たしているわけですね」と応じました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。