Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2010年1月26日(火)「しんぶん赤旗」

教育費減は質低下招く

奈良教育大 市田氏、長友学長らと懇談


写真

(写真)奈良教育大の長友恒人学長(右から2人目)と懇談する市田書記局長(左側中央)=25日、奈良市

 日本共産党の市田忠義書記局長は25日、奈良市にある奈良教育大学を訪れ、長友恒人学長ら同大幹部と高等教育政策について意見を交わしました。党側からは、沢田博党県委員長、太田あつし参院奈良選挙区予定候補、山村幸穂、宮本次郎両県議が参加し、なごやかに懇談しました。長友学長とともに、中谷昭、加藤久雄両副学長、宮崎秀生事務局長が応対しました。

 市田氏は、国立大学が法人化され、教職員の給与などに充てられる運営費交付金が削られてきたとして、「人件費が予算の8割を占めるといわれる教育大学は厳しい状況にあると思います。きたんのない意見、要望を聞かせてほしい」とのべました。

 運営費交付金は、行政刷新会議がおこなった事業仕分けでも、「見直し」の対象になったもの。長友学長は、「高等教育に対する展望や政策が不透明なまま、『初めにマニフェストありき』で仕分けが進められた」「やり方が素人的でパフォーマンス。政策のプロがやるものではない」と批判し、「民主党はマニフェストを検証した上で予算を決めるべきだ」と主張しました。

 長友学長はまた、運営費交付金が毎年1%削られるとともに科学研究費も減らされ、厳しい状況にあると説明。教員が退職しても代わりに非常勤を雇用したり、事務職員を減らすなどの実態を紹介し、「教育大学は人が人を育てている。人件費が減らされたら質の低下を招きかねない」と警鐘を鳴らしました。幹部らは、「政治の力で何とかしてほしい」と訴えました。

 市田氏は「考え方は一致するところが多い。国会等の場で要望実現のため努力します」と答えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。