Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2009年3月23日(月)「しんぶん赤旗」

水俣病 被害者切り捨て チッソ免罪

与党特措法案に批判続出

市田書記局長が患者団体と懇談


 「与党の特措法案には何の思想も哲学もない」――。水俣病をめぐり与党が特別措置法案を国会に提出するなか日本共産党の市田忠義書記局長は二十二日、現地の水俣市で患者団体と懇談しました。患者団体の代表らからは特措法案で盛り込まれたチッソの分社化や公害健康被害補償法に基づく水俣病発生地域の指定解除に一致して批判が相次ぎました。


写真

(写真)水俣病患者団体の人たちと懇談する市田忠義書記局長=22日、熊本県水俣市

 「チッソを(救済を議論する)テーブルにつけるということで国や県に協力してきたが、被害者に何の相談もなく与党が一方的に出してきた法案に怒りを覚える」。水俣病出水の会の尾上利夫会長は与党案を批判し、公害の原因企業が事実上消滅、責任の所在があいまいになることの危機感も口にしました。「地域指定解除はもってのほか。チッソの責任を水に流すわけにはいかない。分社化は認められない」

 チッソ水俣病患者連盟の高倉史朗事務局長は地域指定解除に「企業の免責法案になっている。こんな不道徳は許されない」と厳しい言葉を並べました。

 水俣病被害者芦北の会の村上喜治会長は高齢化する被害者の気持ちを切実に語りました。「生きているうちに早期救済を求める」

 懇談会には九団体から代表や会員が集まりました。水俣病患者連合、同互助会、同被害者互助会、同不知火患者会、同被害者の会全国連絡会などが、差別や偏見のなかで声を上げられない潜在患者がいまだに多数いると発言し、水俣病の全貌(ぜんぼう)把握のため不知火海沿岸住民の健康・被害調査が必要だと語りました。

 市田氏は「みなさんの切実な生の声を直接受け止め全面解決に向けて全力を挙げたい。与党の法案は患者切り捨て・加害企業免罪法案と名前を変えた方がいい」と語りました。

 懇談には日本共産党から市田氏のほか仁比聡平参院議員、久保山啓介党熊本県委員長、田村貴昭、山本伸裕両衆院九州沖縄比例予定候補らも参加しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。