Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 調査・懇談など

2009年2月20日(金)「しんぶん赤旗」

厚生年金病院

公的病院での存続要請

連絡センターなど 市田書記局長が応対


写真

(写真)厚生年金病院の存続を求める住民・首長らの要請をうける市田書記局長(後方中央)=19日、参院議員会館

 厚生年金病院存続運動全国連絡センターと厚生年金病院と保養ホームの存続・充実を願う会が十九日、厚生年金病院の公的病院としての存続を求めて各党・議員に要請し、懇談しました。

 同センターの丸山和彦代表世話人と、大分県由布市の首藤奉文市長、三重野精二同市議会議長をはじめ秋田県能代市、横浜市、大阪市、徳島県鳴門市、高知市など各地の住民の会代表や病院職員です。

 日本共産党からは市田忠義書記局長・参院議員が、参院議員会館内で応対しました。

 丸山代表は、住民・自治体・議会の五年間におよぶ共同した存続・拡充を求める運動の一方で、政府・自民党が具体的方針を示せないまま先送りにしていることを批判。「各病院は地域医療の中核として小児救急医療や高度専門医療、脳卒中や心臓病などの回復期・維持期のリハビリテーション医療などで重要な役割を担ってきた。なんとしても公的病院として存続させてほしい」とのべました。

 政府に基本方針の早急な決断などを求めるため、「一刻も猶予できない状態。さらに国会質問をすすめ、党派を超えて政府に働きかけを」と訴えました。

 参加者は、「高齢化がすすむ地域にとって高知リハビリテーション病院は必要な病院。二万七千世帯が立ち上がり、存続運動や署名にとりくんできた」「採算、利益第一では住民本位の医療はできない。大阪厚生年金病院を公的医療機関として残してほしい」などとのべました。

 市田書記局長は、「みなさんの要望に全面的に賛成です。これまでも政府への要請や委員会での質問も行ってきましたが、きょうの要請も踏まえ、ひき続き公的病院としての存続・発展のため、全力を尽くしていきたい。国会、地方議会や草の根の運動と力を合わせて奮闘していきます」とこたえました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。