書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2005年4月5日(火)「しんぶん赤旗」

認めた政府の責任重大

市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は五日、歴史教科書問題について次のような談話を発表しました。

 一、「新しい歴史教科書をつくる会」の歴史教科書が四年前に続いて、再び、文部科学省によって検定合格となった。

 今回の歴史教科書も、太平洋戦争を「『自存自衛』のための戦争」と描くなど、侵略戦争美化の立場にたっている。侵略戦争と植民地支配への反省とその誤りの清算は、戦後日本の国際公約であり、日本がアジアの中で生きてゆくための絶対条件ともいうべきものである。それを否定する教科書が国内外からつよい批判をあびることは当然だ。検定合格とした政府・文部科学省の責任は重大である。

 一、侵略戦争と植民地支配についての歴史の真実を知り、その反省の上に平和と民主主義の憲法があることを学ぶことは、わが国の子どもたちが二十一世紀をいきる主権者として育つうえで欠かせない。わが党は、歴史教科書問題をはじめ、侵略戦争美化の風潮を克服するため、広範な国民とともに力をつくすものである。