書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2005年4月5日(火)「しんぶん赤旗」

ローマ法王の死去を悼み

市田書記局長が大使館弔問


写真

レオン・カレンガ臨時代理大使(左)にお悔やみをのべる市田忠義書記局長(右から2人目)=4日、東京都千代田区、ローマ法王庁大使館

 日本共産党の市田忠義書記局長は四日午後、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世の死去にあたり、東京都内のローマ法王庁大使館を弔問しました。

 市田氏は、大使館のレオン・カレンガ臨時代理大使に心から哀悼の意を伝えました。これに対し同臨時大使は、丁重に謝意を述べ、「ローマ教皇は、平和のための、また貧困をなくすためのたたかいに取り組んできた方です」と語りました。

 市田氏は、「ヨハネ・パウロ二世が、異なる宗教や文明間の対話を重視し、核廃絶やイラク戦争反対など世界平和にも貢献してきたことに敬意を払っています」と述べました。

 これには緒方靖夫国際局長が同行しました。