書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2005年2月18日(金)「しんぶん赤旗」

共産党が予算組み替え案

国民負担増は中止を

教育、災害、雇用に手厚く


写真

記者会見する市田書記局長(右)、小池政策委員長=17日、国会内

 二〇〇五年度予算案の国会審議が進むなか、日本共産党国会議員団は十七日、〇五年度予算案の抜本的組み替え要求を発表しました。市田忠義書記局長、小池晃政策委員長が国会内で記者会見し、内容を説明しました。

 〇五―〇六年度の二年間で定率減税の縮小・廃止や年金、介護、雇用保険料値上げなど暮らしのすみずみまで及ぶ国民負担増は七兆円に。〇七年度からの消費税増税へ続く小泉内閣の大増税路線が明確になっています。

 市田氏は、組み替え要求の最大の特徴がこの大増税路線の中止を求めることだとのべ、「九七年の橋本内閣の九兆円負担増を上回る計り知れない影響を国民生活に与える」と批判。ムダな公共事業や軍事費、大企業・金持ち減税にメスを入れておよそ六兆円規模の財源を生み出し、社会保障を拡充する道への転換を求めました。

 組み替えは、関西国際空港二期事業などの大型公共事業や、空中給油機の導入をはじめ軍事費の浪費を削り、道路特定財源の国税分を当面一般財源化します。大企業や高額所得者に担税力(税金を負担する力)に応じた税負担の見直しを行います。

 この財源で基礎年金への国庫負担を二分の一(現行は三分の一)に引き上げ、介護、医療、福祉の改悪を中止。少子化対策予算を一兆円規模に拡大し児童手当を月額五千円から一万円に引き上げます。学費値上げを中止するなど教育・子育て、災害、雇用・中小企業に手厚い予算に切り替えます。