書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年12月14日(火)「しんぶん赤旗」

新たな米軍司令部くるな

神奈川 座間市民集会に2700人

市田書記局長があいさつ


写真
市民集会で連帯あいさつする市田忠義書記局長=12日、神奈川・座間市の座間谷戸山公園

 在日米軍基地・キャンプ座間(神奈川県座間市、相模原市)への「米陸軍第一軍団司令部」の移転計画を阻止しようと座間市の座間谷戸山公園で十二日、市民大集会(実行委員会主催)が開かれ、県内各地から約二千七百人が集まりました。海老名市の内野優市長がメッセージを寄せ、無所属議員が決意を表明し、参加者から大きな拍手がわきました。

 日本共産党の市田忠義書記局長が連帯のあいさつをし、志位和夫委員長もメッセージを寄せました。大森猛前衆院議員、畑野君枝前参院議員も参加しました。

 市田氏は、移転計画は世界規模で進められている米軍再編の一環であり、米軍の司令部機能を強化し、地球的規模で戦力投入できる拠点基地を強化するためのものだと指摘。「移転を許したら基地は強化・恒久化され、米軍が世界各地に出撃するための格好の拠点に神奈川が丸ごと変えられてしまう。こんな暴挙を許さないため、断固としてたたかおう」と力強く呼びかけました。

 「海老名平和憲法を守る会」の坂本俊六市議が「小泉首相は自分の頭で考えていない。移転は百害あって一利なし。ともに反対の大きな声をあげよう」と訴えました。

 参加した神奈川土建一般労働組合相模原支部の竹島秀雄さん(67)は「基地を返してほしいのに強めるなんてとんでもない。子や孫のためにも、移転を絶対やめさせたい」と話していました。

 集会後、参加者は二手に分かれ、デモ行進しました。キャンプ座間入り口で、主催者が計画撤回の要請書を渡そうとしましたが、米軍側は受け取りを拒否。デモ参加者から「座間はアメリカの庭ではない」など怒りの声があがりました。