書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年11月17日(水)「しんぶん赤旗」

市田書記局長が談話

 日本共産党の市田忠義書記局長は十六日、中国の原潜による領海侵犯事件について、次の談話を発表しました。

 ◇

 日本共産党は、外国の潜水艦による領海侵犯事件について、問題の艦が中国籍であるのかどうか、領海侵犯が事実であるのかどうかについて、中国政府にたいして早急に調査するようもとめるとともに、それが事実であった場合に、中国政府としての責任ある態度を表明するようもとめてきた。

 十六日、中国政府は、わが国の領海を侵犯した原子力潜水艦が中国籍であり、「通常の訓練の過程で技術的原因から誤って入った」ことを明らかにするとともに、遺憾の意を表明した。わが党は、この問題が前向きの解決にすすんだことに安堵(あんど)している。