書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年11月5日(金)「しんぶん赤旗」

新潟中越地震

義援金届け要望聞く

志位委員長、市田書記局長が現地訪問



避難生活を送る人たちの訴えを聞く志位和夫委員長(中央)と市田忠義書記局長(右)=4日、新潟・長岡市の石坂小学校

 日本共産党の志位和夫委員長、市田忠義書記局長(党新潟県中越地震対策本部長)は四日、新潟県入りし、住民に新たな避難命令が出た川口町など地震の大きなつめ跡が残る被災現場を目の当たりにしながら、被災した住民や自治体を激励、被害の実態や要求をききました。

 旧六日町(南魚沼市)にある党魚沼地区委員会から、十日町市、川口町、長岡市を回って大きな被害を受けたまちまちを訪問。避難所での不自由な生活を余儀なくされている被災住民から、「山がいつ崩れてくるかと、家に立ち入ることもできない。なんとか対策を」など、実情が訴えられました。

 訪れた十日町市役所では滝沢信一市長、川口町役場では星野和久町長と懇談。日本共産党に全国から寄せられた募金の一部を義援金として手渡し、被災のお見舞いをしながら、自治体としての要望をききました。

 日本共産党が現地に設置した旧六日町、十日町市、長岡市の救援センターにも立ち寄り、被災者の支援に力をつくす各地の党組織やボランティアの人たちと懇談。「『冬がたいへん』という声が強い。住宅対策をぜひ」「観光業の支援などきめこまかく」などの声が寄せられました。

 現地訪問には、小日向昭一党新潟県委員長、川俣幸雄党県政策委員長、桑原加代子党県国会議員団事務所長と各自治体の議員らが同行しました。



地震で被災の自治体首長に義援金届け懇談

志位委員長市田書記局長

滝沢・十日町市長に

写真
滝沢信一十日町市長(右)に義援金を届ける志位和夫委員長(左から2人目)、市田忠義書記局長(中央)、小日向昭一新潟県委員長(左端)=4日、新潟・十日町市

星野・川口町長に

写真
星野和久川口町長(左)を激励する(右へ)志位和夫委員長、市田忠義書記局長、小日向昭一新潟県委員長=4日、新潟・川口町