書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年10月7日(木)「しんぶん赤旗」

王毅・中国大使が党本部訪問

不破議長、市田書記局長と懇談


写真

王毅駐日中国大使(右)と懇談する不破哲三議長(左から2人目)、市田忠義書記局長(左)=6日、党本部

 日本共産党の不破哲三議長は市田忠義書記局長とともに、六日午後、着任のあいさつのために党本部を訪れた中国の王毅・駐日大使と懇談しました。

 王毅大使は冒頭、日本共産党と中国共産党の関係正常化で不破議長が「歴史的な役割」を果たしたと評価し、自らも日中関係の健全な発展のために大使として貢献したいとのべました。また、両国間では経済の相互依存などが強まっているが、政治関係に問題が存在していると指摘し、健全な日中関係が重要だとのべました。

 そのうえで王毅氏は、日中共同声明など両国間の政治文書を基盤としたうえで、歴史から教訓をくみとり、互恵協力をすすめ、アジア全体の発展を図るという日中関係の三つの方向を提起しました。

 不破議長は、アジア全体の動向・発展のなかで日中関係を見る視点の重要性について、九月に北京で開かれたアジア政党国際会議に出席し、アジアが平和と共同の方向に大きく変化していることに強い印象を受けたとのべました。

 さらに不破氏は、世界の各地域と中国との関係が大きく発展しており、唯一の例外が日中の政治関係だと指摘。日中関係でも、経済関係や人的往来は大きく発展しており、長い視野で見れば、現在ある政治面の障害が解決され、日中関係が発展することは間違いないだろうとの大局的な展望をのべました。

 続けて、アジア政党国際会議が大きな成功を収め、今日のアジアの平和と協力にとって大きな意義を持ったこと、そのなかで日本共産党にとって多くの友人を得る機会になったことなどを、中国の主催者ぶりへの感想とあわせて語りました。

 王毅氏は、八月に南アフリカで開かれた非同盟諸国閣僚会議とアジア・アフリカ地域組織会議に外務次官として出席し、そこで議論されたバンドン会議五十周年記念行事(来年四月に開催予定)が今日の国際情勢のもとで、きわめて重要な意義を持っていることを強調しました。

 最後に不破氏は最近の自著を大使に贈呈しました。

 懇談には、日本共産党から緒方靖夫国際局長が、在日中国大使館から劉毅仁参事官、楊宇・大使館秘書らが同席しました。