書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年8月28日(土)「しんぶん赤旗」

諫早湾干拓差止め訴訟

原告らが党本部訪問

市田書記局長が懇談・激励


写真
要請する、よみがえれ有明海訴訟原告団・弁護団・支援する会(右側)と応対する市田書記局長(向こう側左から2人目)ら=27日・党本部

 長崎県の諫早湾干拓事業の差し止めを求める訴訟を佐賀地裁に起こしている「よみがえれ!有明海訴訟」の原告団、弁護団、支援する会の代表らが二十七日、日本共産党本部を訪れ、市田忠義書記局長、紙智子参議院議員、岩佐恵美党市民住民運動局長、有坂哲夫党農・漁民局長と懇談しました。

 訪れたのは森永正之、後藤富和の両弁護士と、金澤徹男佐賀県諸富町漁協監事、宇土義喜長崎県有明町漁協理事、五島久嗣支援する長崎の会事務局次長ら。

 市田氏らは、工事の差し止め仮処分を決めた二十六日の佐賀地裁決定について、「おめでとう、皆さんの粘り強い運動で、世論を動かした成果ですね」と握手で迎え、和やかに懇談しました。

 森永弁護士は、「第一段階としては最良の結果が得られた。しかし、工事を止めるだけでは有明海の再生はできず、水門の開門などの措置が必要。国が異議申し立てする可能性も高い。これまで以上の尽力をお願いします」と要請しました。

 金澤さんは「海は年々悪くなる。大浦では今年アサリ貝が赤潮で全滅した。小さい子どもを抱えた後継者たちの未来を考えると夜も眠られんとです」と訴えました。

 市田氏は「要請には全面的に賛成です。日本共産党も国会内外でごいっしょに頑張ります」と激励しました。