書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年8月26日(木)

諫早干拓差し止め訴訟判決について・談話

2004年8月26日  日本共産党書記局長 市田忠義


 政府は、ただちに工事を中止し、有明海の再生を


 本日、佐賀地裁は、諫早湾干拓事業にたいし、漁民の工事の差し止め要請を認める仮処分決定を出しました。

 決定は、諌早干拓事業が有明海異変といわれる海洋環境の悪化と漁業被害の原因であること明確に認め、国に対して干拓事業を続行してはならないとした当然の内容です。無駄と浪費を垂れ流し、環境や漁業に有害であることが明らかになっても大型公共事業を推進し続けている政府の開発政策を明確に断罪した画期的な決定です。

 勝利判決を喜ぶとともに、関係者のみなさんの努力に心から敬意を表するものです。この決定で、諌早湾干拓事業と有明海異変、漁業被害との関連をかたくなに否定し、工事の続行を強行してきた国の言い逃れは明確に否定されました。政府は、異議申し立てなど行わず、ただちに工事を中止し、締め切り堤防内への海水の導入など、豊穣な海といわれた有明海の再生にむけた取り組みをすみやかに開始すべきです。

 日本共産党はこれまで、国政の場でも地方政治の場でも、諌早湾干拓事業について、事業による被害の実態や事業の必要性がなくなっていることを具体的に指摘し、工事の中止を求めてきました。工事続行の策動をいっさいやめさせ、有明海を再生させるための取り組みを、国会内外でいっそう強めるものです。