書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年4月10日(土)「しんぶん赤旗 関西のページ」

市田書記局長が訴え

大阪・梅田で


 イラクで邦人3人が拘束された問題で、日本共産党の市田書記局長は9日夕、大阪・梅田のナビオ前で緊急の街頭演説に立ち、日本の民間人3人の安全と解放のために政府があらゆる努力を払うとともに自衛隊の速やかな撤退を決断するよう求めました。通りがかった人の多くが、しばし足を止め、訴えに耳を傾けました。

 市田氏は、3人拘束の蛮行を糾弾した上で「政府の行動によって人命が奪われるような立場は絶対にとるべきではない」と、昨夜来の小泉首相や福田官房長官の「撤退する理由はない」との発言をきびしく批判。

 いまやイラクはだれが見ても全土が戦争状態であることや、大量破壊兵器の存在を口実にしたイラク戦争の根拠がすでに崩れていること、自衛隊のイラクでの給水活動が各国NGOの活動に比べて非効率極まりないことなどを示し、「日本共産党は、3人の命を救うためにも、国連中心の復興への転換を図るためにも、自衛隊の速やかな撤退を政府に求め、真のイラクの復興を願う日本と世界の多くの人々と手を携えて最後までがんばりぬく」と決意をのべました。

 宮本たけし参院議員も国会から急きょ駆けつけ、政府の態度を追及しました。

 宣伝カーの近くで最後まで熱心に聞いていた吹田市の宇技洋介さん(23)は、「事件のことは、『政府に抗議しよう』という友人からのメールで知りました。演説の内容はまったくその通りだと思います」と感想を語りました。