書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年5月20日(木)「しんぶん赤旗」

細田官房長官 報告書訂正で責任免れない

真相を明らかにすべきだ

市田書記局長


 日本共産党の市田忠義書記局長は19日午後、細田博之官房長官が都内の人材派遣会社から秘書給与の肩代わりを受けながら政治資金収支報告書に記載していなかったことについて記者団に問われ、「報道されている限りでも、違法なヤミ献金の疑いが濃い。収支報告書の訂正をしたからといって、責任が免れるものではない」と強調しました。

 市田氏は「秘書や運転手の給与を肩代わりしてもらうやり方は、自民党などがとるやり方だ。他の自民党議員の名前も出ていた」と指摘。「まずは本人がきちんと真相を国民の前に明らかにする必要があるし、自民党としても自浄作用をきちんと発揮すべきだ。とりわけ細田氏は官房長官であり、小泉首相も官房長官に任命しているのだから、きちんと真相を国民の前に明らかにする必要がある」とのべました。