書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年5月19日(水)「しんぶん赤旗」

民主党 岡田新代表を選出

市田書記局長がコメント


 日本共産党の市田忠義書記局長は十八日夕、国会内で記者団の求めに対し、民主党の新代表に岡田克也幹事長が就任したことについて、「野党とは一致できる点で誠実に共同し、政策の違いは堂々とフェアに論争するという立場でのぞんできた。今後もその立場で的確に対処していきたい」とのべました。

 小沢一郎代表代行が代表選挙出馬を辞退したことについて、「小泉首相と未加入問題でやりあおうとしたのだろうが、民主党が任意加入の時期の政治責任を追及するといっていた立場上、ああなったのだと思う」と指摘。「私たちは、国会議員には特別の重い責任があり、強制加入となって以降、国会議員としての未加入・未納の問題の責任が問われるという立場だ」と強調しました。

 岡田氏が年金法案の廃案をめざすとのべたことについて問われて、「民主党が、法案を撤回し廃案に追い込もうという点でわれわれと一致するなら、共同していきたい」とのべました。