書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年4月26日(月)「しんぶん赤旗」

衆院補選の結果について

市田書記局長が談話


 日本共産党の市田忠義書記局長は 25日、衆院補選の結果について談話を発表しました。

 25日投票の3つの衆院補選(埼玉8区、広島5区、鹿児島5区)で、わが党は、イラクからの自衛隊撤退、国民本位の年金制度の確立、世界にほこる憲法を生かした国づくり、政党助成金の廃止と清潔な政治の確立など、自民党政治の根本からの転換と、日本共産党への一票こそが自民党政治を変える力であることを訴えてたたかいました。

 選挙の結果、埼玉8区では前回総選挙の1・5倍の得票率を得て善戦健闘しました。他の2つの選挙区も奮闘しました。わが党に支持をよせられたみなさんに心から感謝するものです。わが党は、きたるべき参議院選挙での前進をめざして、さらに奮闘する決意です。