書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年4月26日(月)「しんぶん赤旗」

共産党 各地で演説会


市田忠義書記局長と大沢たつみ参院議員が訴えた日本共産党演説会=25日、兵庫県和田山町

 参院選の公示予定(六月二十四日)まで二カ月を切り、各党とも日曜日の二十五日には幹部を先頭に選挙本番並みに懸命のとりくみ。日本共産党は、不破哲三議長が神奈川・鎌倉市、志位和夫委員長が札幌市、市田忠義書記局長が兵庫・和田山町での演説会で日本共産党と候補者への支持を訴えたのをはじめ、上田耕一郎副委員長が山形市、小池晃政策委員長が青森市、緒方靖夫国際局長・参院議員が鳥取市に駆けつけるなど、全国各地で参院選の勝利をめざす演説会を開きました。

 札幌市の演説会に七千八百人が参加したのをはじめ、各地の演説会に参加した人々は弁士の訴えに熱心に耳を傾けました。


兵庫・和田山町で市田書記局長

 日本共産党兵庫県但馬地区委員会は二十五日、兵庫県和田山町のジュピターホールで党演説会を開き、市田忠義書記局長・参院議員と大沢たつみ参院議員が参院選での日本共産党への支持を訴えました。朝来郡は大沢議員の生まれ故郷、恩師をはじめ町内の人たち、各地からバス五台など、南但馬地域での演説会としては過去最高の約七百人が参加しました。

 市田氏は、イラク、憲法、暮らし、年金問題で、アメリカいいなり、財界大企業中心の政治から国民の暮らしを守る政治への転換を主張。「世界で孤立しているのはアメリカとそれに従う小泉政治。進歩と平和の大道を歩む日本共産党を大きく」と訴え、参院選での比例五議席と兵庫選挙区での大沢議員の再選を必ずと呼びかけました。

 大沢議員は、この六年間、国民と力を合わせて実現した実績を述べ、「国民が主人公の政治実現へ、ふたたび国会に送ってほしい」と力をこめました。

 演説会では、党但馬後援会会長で弁護士の前田貞夫さんが共産党推薦の訴え。大沢さんの古くからの友人で元朝来町消防団長の山根勲さんが、「隣のたっちゃんを私たちの代表者に」と応援しました。

 日高町の佐々木洋子さん(58)=主婦=は、「年金と憲法九条のことがよくわかりました。若い人がリストラなど不安を抱えながら仕事をし、家族を支えるのは大変だと思う。共産党の提案している最低保障年金制度に賛成です。ぜひ実現してほしい」と話します。「大沢さんは地元だからがんばってほしい」という女性(63)=会社員=は、「大学を出ても就職のない失業の時代だから、失業者をなくし、みんなが働ける社会にしてほしい」と話していました。