書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年1月11日(日)「しんぶん赤旗」

派兵命令に抗議 日本共産党が全国で

戦争反対の思い 声に


 「一人ひとりができるところから創意をこらして声を上げ、草の根の力を一つにあわせ、自衛隊派兵をストップさせましょう」。政府が陸上自衛隊先遣隊と航空自衛隊本隊のイラク派兵命令を強行したことに対し、日本共産党は十日、全国各地で、抗議の街頭宣伝に取り組みました。各地の市民団体や民主団体も多彩な行動をしました。


写真
自衛隊のイラク派兵命令に抗議し街頭演説する市田書記局長(中央)、小泉参院議員(左)と池田都議=10日、東京・池袋駅

東京・池袋で市田書記局長

 東京・池袋駅東口では、市田忠義書記局長と小泉親司参院議員らが演説に立ちました。

 市田氏は、政府と与党・公明党が自衛隊のイラク派兵の「基本計画」「実施要項」を決めておきながら、“今回の派遣は先遣隊で、陸自本隊の派遣はあとで決める”などとごまかしていることについて、「結局、派兵の正当性を国民の前に語ることができないことの証明だ」と強調しました。

 “陸よりも安全だ”として決めた空自本隊の派兵も、派兵予定地では、米軍機への攻撃が相次ぐなど「最も危険な状態」だと批判。イラク派兵の本質は、無法な侵略戦争の上に不法な占領を続ける米軍を支援するため、現に戦闘が行われているところに自衛隊を送ることにあると強調しました。

 米国に一つでも逆らえば日米同盟は壊れるという政府の態度について「イラクに自衛隊を派兵しないことで損なわれる日米関係ならば、そのあり方を根本から見直すべき」だというノーベル賞作家・大江健三郎氏の指摘を紹介。「復興支援を国連の枠組みでできるようにせよ、不法・不当な占領をただちにやめ、イラク国民に主権を渡せと迫ることこそ、憲法が期待する政府のとるべき態度だ」と訴えました。

 孫が小学一年になったという平野行夫さん(62)は「孫の世代を戦争には行かせたくない」と署名に応じました。森曜生さん(22)は「憲法に違反していることが一番問題。共産党にはがんばってほしい」と話しました。