書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2004年1月3日(土)「しんぶん赤旗」

さあ参院選 憲法守る決意

新春ダッシュ 共産党

市田書記局長、イラク派兵・靖国参拝批判


写真

参詣者らに、新年のあいさつを述べながら、イラク派兵中止の署名を訴える(左から)中井、市田、西山、穀田の各氏=1日、京都市東山区・八坂神社

 「イラク派兵の中止を」「憲法九条を守りましょう」―日本共産党は今年たたかわれる参院選の比例・選挙区候補者を先頭に、元日から各地で街頭宣伝をおこない、初詣で客などに日本共産党の躍進を訴えました。

京都で西山氏ら

 日本共産党の市田忠義書記局長は一日、穀田恵二衆院議員・国対委員長、西山とき子、井上哲士の両参院議員、中井作太郎京都府委員長や地方議員らとともに、街頭から新年のあいさつと、参院選と京都市長選勝利への決意を訴えました。

 市田書記局長は、京都駅前など二カ所で街頭演説。「どういう理由、どういう時期であったとしても靖国神社に参拝することは、『あの侵略戦争が正しかった』と侵略戦争を肯定する立場に身を置くものだ」と述べ、元日に靖国神社を参拝した小泉首相を厳しく批判。自衛隊のイラク派兵強行にも触れ、再び戦争をしないと誓った憲法を守りぬく決意を述べるとともに、創立から八十二年間、反戦平和、国民が主人公の政治を訴えてきた歴史と伝統をもつ日本共産党への支援を訴えました。

 市田書記局長らは演説のあと、京都市内を宣伝カーのデッキから手を振って訴えました。初詣での人でにぎわう東山区の八坂神社では、自衛隊のイラク派兵中止を求める署名をよびかけました。