書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年12月10日(水)「しんぶん赤旗」

イラク派兵反対の声

路地で 駅前で 繁華街で 響き合う

大阪で 市田書記局長が訴え


写真

イラク派兵をくい止めよう、と訴える市田書記局長(左9と宮本参院議員=9日、大阪市・JR天王子駅前

 日本共産党の市田忠義書記局長は九日、大阪市のJR天王寺駅前で宮本たけし参院議員とともに街頭演説し「『イラクに自衛隊を送るな』『憲法九条をまもれ』の国民的な世論と運動をただちに広げよう」と呼びかけました。

 市田氏は、イラクの状況が泥沼化したのは、米英軍が強行したイラク戦争が国連憲章を無視した侵略戦争だったからだと指摘。米英軍による軍事占領支配をやめ、国連中心の枠組みによる人道復興支援に切りかえることこそ、イラク問題の道理ある解決の方向だと主張しました。

 自衛隊派兵がイラクの復興にとっても有害であることを明らかにした市田氏は、小泉首相に面会したイラク南部の民主化のリーダー、リカービ氏が「日本に必要なのは占領軍と一線を画することだ」「今の状況下で、自衛隊を送れば人道支援という目的を掲げても占領軍の一部になるという本質をかえることはできない」とのべたこと、また、日本のNGOの一つ日本国際ボランティアセンターの佐藤真紀さんが「人道援助を武装組織が担えば、新たな紛争や混乱を招く。非武装のNGOや国連機関にまかせることが憲法の求める国際貢献のあり方にも合致する」とのべていることを紹介し、自衛隊の派兵が人道支援の妨害物になることを強調。

 イラクへの自衛隊派兵は日本の軍隊が戦後初めて他国の領土で他国民を殺害する恐るべき事態に日本を引き込むことになるとのべ、イラク派兵反対、憲法九条を守れの世論を日本列島のすみずみから巻き起こそうと呼びかけました。

 街頭宣伝には、日本共産党大阪府委員会や地元の党組織、後援会員などが参加、イラク派兵反対のビラを配布。請願署名には短時間に百十六人が署名しました。青年がよびかけたシール投票には、多数の高校生が派兵反対に投票していました。

 平野区の河野利夫さん(65)は「私が生まれた二カ月後に父が戦死しています。戦争の悲惨さを知っている最後の年代になったが、市田さんもいわれたように犠牲者は一般の国民なんです。なんとしてもイラク派兵をやめさせたい」と話していました。