書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年8月24日(日)「しんぶん赤旗」

「命輝く社会めざして」

市田書記局長あいさつ

全日本民医連が創立50周年


写真
民医連創立50周年記念レセプション。あいさつするのは市田忠義書記局長=23日、東京・文京区、椿山荘

 全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は二十一日、東京で創設五十周年を祝い、「はばたけ未来へ、命輝く社会めざして」とする記念集会とレセプションを開き「非営利・共同の組織としてさらに発展させる」ことを誓いあいました。全国から関係者五百人以上が参加。日本共産党から市田忠義書記局長があいさつしました。(あいさつ要旨続報)

 記念集会で肥田泰・全日本民医連会長は「前身である無産者診療所から一貫して国民の命を守り、社会保障の改善、平和のためにたたかってきた」とのべました。一方で、「民医連の歴史は決して平たんではなかった」として、加盟法人の経営危機や医療事故・事件の克服に真正面から取り組んできた教訓を率直に語りました。

 「人権と命を守り、保健・医療・福祉の地域ネットワークづくり、安心して住み続けられるまちづくり」など、「医療・福祉宣言」を七割の事業所で作成していることや、共同組織が三百万人に近づきつつある現在の到達点を紹介。「先輩たちの輝かしい業績を発展させたい」と決意表明しました。

 集会では民医連の医師であった日野秀逸・東北大学教授が記念講演。「世界に類を見ない組織・運動」と評価したうえで、「健康を軸とする生活問題を解決する民医連」に期待をよせました。

 レセプションでは井上美代・新日本婦人の会会長(日本共産党参院議員)ら多数の来賓が祝辞をのべました。

 全日本民医連は一九五三年六月七日に結成。「いのちの平等」を掲げる民医連綱領の理念と方針のもと、地道な地域医療活動と社会保障の改善運動をしてきました。現在加盟する医療機関、介護施設は千五百カ所を超え、日本有数の医療団体に成長しています。