書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年7月21日(月)「しんぶん赤旗」

社民党辻元前議員逮捕

秘書の実態ないなら責任免れない

土井党首は国民にわかる説明を

市田書記局長が発言 NHK、テレビ朝日系番組で


写真
日曜討論に出演する市田忠義書記局長=NHKテレビから

 日本共産党の市田忠義書記局長は二十日のNHK「日曜討論」に出演し、社民党の辻元清美前衆院議員が秘書給与詐取容疑で逮捕された事件について、「秘書としての実態がないのに、名前だけ登録して、それで受け取った給料を共同の経費に充てたという疑いがかけられている。これが事実だとすれば、その責任は免れないと思います」とのべました。

 討論のなかで、なぜ今の時期に逮捕なのかなど議論となり、市田氏は「こういう問題を捜査当局が担当するときに、公正と政治的中立の原則であたることが求められていると思います」と発言しました。

 また、野党各党幹事長らと出演したテレビ朝日系「サンデープロジェクト」では、社民党の土井たか子党首の責任について意見を求められ、「説明責任が果たされているかという点では、やっぱりもう少しきちんと国民に分かるように話されたほうがよかったんではないかと思います」とのべました。

 政治とカネをめぐる問題について市田氏は、NHK「日曜討論」で、与党の政治資金規正法「改正」案について、「公共事業受注企業からの献金を禁止する必要がある。これは総理も国会で検討する必要があるといっていた。ところが、公共事業受注企業からの献金規制なんて一言もない」と指摘。野党四党が早くから提出している、政党支部の数を制限し、公共事業受注企業からの献金を禁止する政治資金規正法改正案をただちに審議すべきだとのべました。