書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年4月21日(月)「しんぶん赤旗」

米中朝協議 歓迎したい

民放テレビ 市田書記局長が表明


 日本共産党の市田忠義書記局長は二十日、フジテレビ系番組「報道2001」に出演し、米中朝の三カ国協議の開催について「軍事的対応ではなく、平和的、外交的に(北朝鮮の)核問題を解決していくという点では、一歩前進であり、歓迎したい」と表明しました。

 米英によるイラク戦争が北朝鮮を交渉のテーブルにつけさせたという議論に対し市田氏は、緊張を高める北朝鮮の対応を批判しつつ、「(イラク戦争では)米国が別に攻撃されたわけでもないのに、あの国は怪しいというだけで攻撃した。こういうことが認められるなら、次はどこの国かということになる。ああいう形の先制攻撃をやることになれば、まじめに査察に応じる国はなくなってしまう」と指摘。アメリカの非人道的、違法な戦争が「北朝鮮をテーブルにつかせたから、よかったことにはならない」とのべました。

 また、有事法案について森本敏拓殖大学教授が「ガイドライン(日米軍事協力の指針)の実効性を担保するため」と背景を説明したことに触れ、周辺事態法(ガイドライン関連法)にあった「戦場にはいけない」「武力行使はできない」という自衛隊の対米支援の二つの建前上の制約を取り払うことが「今度の有事法制の本質だ」と、危険性を指摘しました。