書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年4月13日(日)「しんぶん赤旗」

市田書記局長が滋賀、京都で

最後までの支援呼びかけ


 日本共産党の市田忠義書記局長は十二日、滋賀県の三カ所につづいて、京都府内八カ所を回り、午後八時直前まで、各地で一票を争う大激戦のなか奮闘する各府・市議候補を応援。スーパー前や街頭から「住民の手に自治体らしい自治体を取り戻すため体の続く限りがんばります。あと一回り二回りのご支持を広げ、必ず押し上げてください」とこん身の気迫を込めて訴えました。

 市田氏は、選挙戦を通じ、日本共産党か「オール与党」かの対決が鮮明になったと強調。無法なイラク戦争を行う米英と、戦争支持の自民、公明両党を告発。「平和を願う一票を日本共産党へ寄せ戦争勢力に審判を下そう」とよびかけました。

 市田氏は、健保本人三割など四兆円を超える負担増を批判し、「暮らしを守れ、医療費負担を元にもどせという怒りの一票を日本共産党へ」と訴え、「オール与党」による大型開発優先・福祉切り捨ての逆立ち政治をただしてきた日本共産党の値打ちを強調しました。

 国政で野党の民主党が、京都では「オール与党」の一員としてムダと、暮らし切り捨ての悪政を推進、戦争支持・医療改悪の公明党から推薦をもらい「敵は共産党」などと宣伝していると批判、「反戦平和・清潔貫き政治を変える確かな力、日本共産党を勝たせてほしい」と、最後までの支援を呼びかけました。