書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年4月12日(土)「しんぶん赤旗」

いっせい地方選 前半戦あす投票

最後までの奮闘が勝敗わける

日本共産党支持の輪を広げに広げぬこう

平野、住之江、港区 市田書記局長が訴え

大 阪

 日本共産党の市田忠義書記局長は十一日、告示後二度目となる、大阪入りをし、雨の中、住宅街、商店街、屋内で日本共産党の躍進へ絶大な支持を訴えました。

 大阪府平野区では、府議選(定数三)で塩谷としお府議団長が自民、公明、無所属の三人と、市議選(定数六)では、いなもり豊=現=、岩永いっせい=新=の両候補が自民二、公明二、民主一、無所属一の六人と激戦をつづけています。

 市田氏は、「九日間の選挙戦で、最大の焦点は日本共産党か、『オール与党』か、二つに一つの選択とはっきりしてきました。くらし、平和、自治体らしい自治体をの願いは、こぞって日本共産党へ」とよびかけ、イラク戦争、暮らし、地方政治の三つの争点で日本共産党の立場を鮮明にし、戦争推進の自民、公明、巨大開発・暮らし破壊の民主を含む「オール与党」政治を厳しく批判、党の躍進を訴えました。

 住之江区では、府議選(定数二)、市議選(定数四)とも党の議席は空白。上田ルナ府議候補、あだち義孝市議候補が、なんとしても党の議席をと「オール与党」勢力の現職を猛追。港区では、府議選(定数一)で、現職の西原みゆき候補が「オール与党」勢力と正面から対決、市議選(定数三)で、おおつき一成候補が今度こそ議席をと奮闘しています。

 市田氏は、日本共産党の府、市議団がこの間、府民の運動と結んで築き上げた乳幼児医療費助成制度の拡充などの実績を示し、「日本共産党の躍進でこそ政治は変えられる、躍進の条件を現実のものにするかどうかは、これからのがんばりにかかっている。残る期間、支持を広げに広げぬいて躍進させていただきたい。勝ち抜かせていただきたい。住民の手に地方自治を取り戻すため最後まで大きなご支援を」と熱烈に訴えました。