書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年4月5日(土)「しんぶん赤旗」

平和・くらし守る党の躍進を

市田書記局長が訴え


写真
左から、かとう靖、井坂博文、玉本なるみの各市議候補と、新井進府議候補とともに街頭で訴える市田忠義書記局長=4日、京都市北区

京都の3カ所で

 道府県議選と政令市議選が告示された四日、日本共産党の市田忠義書記局長は、京都市内三カ所、名古屋市をかけめぐり、日本共産党の躍進・勝利を訴えました。

 大激戦の京都市北区、左京区、伏見区の街頭からのべ千百人の聴衆を前に降りしきる雨のなか演説。

 市田氏は、大量破壊兵器保有の疑いだけでイラクを攻撃し政権転覆をはかる米国の無法ぶりを、「これこそ『ならず者国家』の態度」と糾弾。罪なき多くの命を奪う戦争を支持し、反戦の声を「利敵行為」と非難する小泉・自公勢力に「平和や人命の尊さを語る資格はない。今こそ立ち上がり、日本共産党の躍進でキッパリした平和の審判を」と訴えました。

 不況下に四兆円以上の国民負担を押しつける小泉政治を、日本共産党が最初から厳しく批判してきたこと、今では野党四党が医療費三割負担を二割へ戻す法案を国会提出するなど、圧倒的多数の声に広がってきたことを強調。一方で公明党が、府議会で負担増反対決議に賛成した自民党に「頭を冷やせ」とまでいったことを紹介し、「選挙になれば他人の悪口しかいわず、国民の切実な要求には背を向ける。こんな政党は府議会や市議会には、いらないのではないか」と批判。「こんな政党の支えなしに政治ができない自民党にもお引き取り願おう」と訴えました。

 また府・市政の問題で、国保料が高すぎて滞納せざるをえない人から国保証をとりあげ、資格証明書を発行した世帯が、六年間で十一倍に達していることを告発。市内国保料の一万円引き下げは二十五億円ですむのに、一方で環境破壊の市内高速道路乗り入れ計画には現在工事中の路線だけでも四百三十一億円もの税金をつぎ込む「逆立ち」ぶりを批判しました。

 党府・市議団が自民党に次ぐ第二党として、住民とスクラムを組み、乳幼児医療費の就学前までの無料化(入院時)などの数々の実績をあげてきたことを力説しました。三十人学級を求めた市議会への請願を「まことに身勝手で非現実的提案」と自民、公明、民主の各党がののしるといった妨害をはねのけ、政令市初の小学校一年生からの三十五人学級を実現したことを紹介。「日本共産党を伸ばし、自治体の魂を取り戻そう。今こそ革新京都の心意気を発揮し、知恵と力を尽くし、日本共産党の躍進を」と訴えると、聴衆は大きな拍手を送りました。

 北区では新井進府議候補、井坂博文、玉本なるみ、かとう靖各市議候補、左京区では梅木のりひで、みつなが敦彦両府議候補、山本正志、ひぐち英明、加藤あい各市議候補、伏見区では松尾孝、久守かずとし両府議候補、さとう和夫、西野さち子、赤阪ひとし、小林史郎各市議候補が決意を表明しました。

名古屋駅前で

 日本共産党の市田忠義書記局長は、激戦の愛知県議選、名古屋市議選の告示日の四日、雨の降る名古屋駅前で、二千人の聴衆を前に日本共産党の必勝を訴えました。

 市田氏は、イラク戦争と暮らしの問題で日本共産党の値打ちを力説。このなかで、公明党が国民の声に耳を傾けず、県・市議会で医療費負担増反対の決議をあげようとした動きを妨害したことを厳しく批判しました。

 地方政治の問題で、「オール与党」県政が「いまさら万博はやめられない。万博には空港がいる」との理屈で、万博と中部空港の二大プロジェクトに固執していることを批判。

 その犠牲となって、四年間で福祉にかけるお金が九十億円も削られ、今年度の予算では健康福祉費が百三十五億円も減らされたことを告発。同様に名古屋市でも、独自制度だった国保世帯主の八割給付を一割引き下げるなど、「日本一の福祉」といわれたすぐれた施策の多くが切り捨てか、その危機にあることを指摘しました。

 東京臨海副都心での世界都市博覧会が開催十カ月前、パリ国際博覧会が一年九カ月前に中止になったことを紹介し、「愛知万博の開催は二〇〇五年三月。中止は十分間に合う」と強調し、住民いじめの根源である万博と中部空港建設中止を求めました。

 党県・市議団が、県民の運動と結びつき、「新住(新住宅市街地開発)事業」計画を中止し「海上の森」を守ったことや、四年前に「六歳未満児までの医療費無料化を求める請願」が自民・公明・民主の反対で市議会で否決されたものの、ねばり強い運動と議会での追及で、無料化を実現したことを紹介。「県民とともにすすむ日本共産党の議席をなんとしても守り、増やしてください」と訴え、聴衆から大きな拍手が送られました。

 宣伝カー上には市内の県議、市議候補が勢ぞろい。十六人の市議候補を代表して江上ひろゆき市議団幹事長が「港や空港もある名古屋。市民の安全を守る自治体の仕事をするためにも、日本共産党候補の全員当選を」と決意を表明。全県十九人の県議候補を代表して林のぶとし県議団幹事長は「反戦、平和を貫いてきた党の歴史にかけ、『平和』を掲げてこの選挙をたたかいます」と訴えました。成瀬昇全国革新懇代表世話人も応援演説に立ちました。

 名古屋市の専門学校生、栗林健さん(23)は「イラク戦争に反対しているので関心を持って聞いていました。こんどの選挙は戦争への態度が争点だと思います。共産党に期待しています」と語っていました。