書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年4月1日(火)「しんぶん赤旗」

健保負担2割に戻せ

4野党共同で法案提出へ

書記局長・幹事長会談で確認


写真

国会内で開かれた書記局長・幹事長会談。右から3人目は市田忠義書記局長、右端は佐々木憲昭衆議院議員=31日

 野党四党の書記局長・幹事長、政策責任者が、三十一日に国会内で会談し、一日から実施される健保本人三割負担に反対し、二割に戻す法案を野党共同で提出することを確認しました。

 会談には、日本共産党から市田忠義書記局長、佐々木憲昭衆院議員が出席しました。

 会談後の会見で民主党の岡田克也幹事長は「四月一日から三割になるのは誠に遺憾」と述べ、野党提出の三割負担凍結法案の審議を拒否した与党を批判。二割に戻す法案を今週中にも提出すると明らかにしました。

 会談ではこのほかに、大島理森農水相の辞任に伴う政治とカネの問題、個人情報保護法案、イラク問題など三点について論議しました。

 大島問題では、辞任は遅すぎ、辞めても責任は回避されないこと、今後も参考人招致を行い、真相究明に努めることを確認しました。

 さらに小泉純一郎首相の親族企業をめぐる疑惑追及や、森山真弓法相の名古屋刑務所事件に関する責任追及、事実解明にも取り組んでいくことで合意しました。

 市田氏は「小泉首相は任命権者でありながら、大島氏をかばい続けた。『本人の問題』と言って全くメスを入れてこなかった」と批判しました。

 また、(1)個人情報保護法案について、政府案への対案を近く野党案として提案し、内閣委員会での徹底審議を求めること(2)イラク問題について、アメリカなどは武力行使を即時停止すべきであること−が確認されました。