書記局長の窓のページ
定例記者会見 窓 人・であい リンク

2003年3月21日(金)「しんぶん赤旗」

“戦争やめろ” 日本列島おおう 行動多彩に


 米英が国連憲章の平和のルールを踏みにじってイラクへの攻撃を開始した二十日、日本共産党は全国各地で怒りをこめて暴挙を糾弾、軍事攻撃の即時中止を要求するとともに攻撃を支持する小泉内閣・自民・公明・保守新党に抗議し、多彩な行動を繰り広げました。平和・民主団体、幅広い個人もさまざまな形で戦争阻止を求める声をあげました。


東京・明治公園で抗議集会

市田書記局長あいさつ

写真
アメリカによるイラク攻撃を糾弾するデモの先頭に立つ日本共産党の人たち。中央は市田書記局長=20日、東京

 イラク攻撃が開始された二十日夜、日本共産党中央委員会と東京都委員会は東京・明治公園で戦争に抗議する緊急集会を開きました。

 ブッシュ米大統領の攻撃強行声明を受けて、日本共産党として緊急に計画したもの。寒風をついて五千人が集まり、主催者を代表して市田忠義書記局長が「満身の怒りをこめてこの暴挙を糾弾し、ただちに戦争中止を求める」との訴えに、「そうだ」の声がとびました。市田氏を先頭に手作りのプラカードをかかげ、渋谷までパレードすると、「頑張ってください」と声援を送る女子高校生、ビルの窓に鈴なりになって見守る人たちなどの姿がありました。

 「犠牲者がでているというニュースを職場で見て、じっとしていられなかった。もっと声をひろげたい」とかけつけた東京・八王子市の青柳有希子さん(24)=医療事務=。

 「友だちに誘われ、自分なりに反戦の思いを表明したくて参加しました。共産党が呼びかけた集会で少し抵抗があったけど、こんなに同じ思いの人が集まっているのかと勇気がでました」と明治大学三年の女子学生(21)。東京・練馬区の猿田なおさん(19)=専門学生=は「あきらめモードではだめ。もっと戦争反対の声を集めて、一日も早く戦争を終わらせたい」と語っていました。

 各界から高田公子・新日本婦人の会副会長、高草木博・日本原水協事務局長、中山伸・全都労働者後援会代表委員(東京地評議長)が決意表明しました。